おすすめの高配当銘柄

生活防衛資金はいくら貯めればいいのか?【結論:生活費3ヶ月~1年分】

本記事では、生活防衛資金はいくら貯めるべきかについてまとめたものです。

貯金は最低いくら持っておくべきか、投資を始めたいと思うけどいくら現金を手元に残しておけばいいのか知りたい方は、本記事をご参考にしてみてください。

生活防衛資金とは?

生活防衛資金:急に収入が途絶えてしまったとしたら、その後ある程度の期間生活できるように貯めておくお金のこと。

  • 就職した会社が合わず退職
  • 会社の経営不振による失業
  • 突然の事故や病気
  • 災害

上記のできごとが起きたときの対策として「保険」もしくは「生活防衛資金を貯めておく」のどちらかになります。

保険でもリスクは回避できますが、毎月の出費で生活が苦しくなる保険貧乏にねってしますこともあります。

ある程度のお金を貯めておき、いざというとき立て直し期間を設けられるほど生活費があれば保険は不要になります。ですので、生活防衛資金を貯めておくことが最適と思います。

生活防衛資金は、いくら貯めればよいか?

結論:生活費の3ヶ月~1年分

生活防衛資金の早見表

月間の生活費3ヶ月分6ヶ月分1年分
8万円24万円48万円96万円
10万円30万円60万円120万円
15万円45万円90万円180万円
20万円60万円120万円240万円
25万円75万円150万円300万円
30万円90万円180万円360万円
40万円120万円240万円480万円

生活防衛資金が月の生活費3ヶ月~1年分かといいますと、理由は下記のとおりです。

失業保険の受取りまでが、退職後3ヶ月かかる

会社員として働いていると「雇用保険」というものに加入します。雇用保険の制度のひとつで失業後一定期間、給料の2/3程度が毎月支給されます。

しかし、自分から辞めたか、会社から辞めさせられたかで支給される日が変わってきます。

  • 会社都合退職:すぐに支給される
  • 自己都合退職:退職した3ヶ月から支給

自己都合退職をされる人の割合は約70%近くです。だいたいの人が自主都合退職となりますから、退職後お金がないと3ヶ月も生活するのも厳しくなってしまいます。

ですので、失業保険が支給されるまで期間として最低でも3ヶ月分の生活費が必要となります。

転職までの平均期間が、3~6ヶ月

転職活動にはどれぐらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール (rikunabi.com)

会社を退職後、転職活動を始めてもすんなり決まるとは限りません。平均でも3~6ヶ月はかかってしまうので、その期間は無収入と考えると最低でも3ヶ月分以上は必要です。

景気が不景気のときや転職に自信がない人は、採用までの期間が延びてしまうことがあります。それを考慮して、不安の方は6ヶ月~1年分あると安心だと思います。

個人事業主は雇用保険に加入できないため、1年分は必要

個人事業主(フリーランス)に関しては、雇用保険に加入できないため収入がたとえゼロになっても失業手当のようなものは支給されません。

個人事業主が収入ゼロになった場合、立て直しのために下記のことをしていかなければならないと思います。

  • 別のビジネスまたは新規顧客獲得
  • 会社員として転職する

失業手当もない、立て直しに時間がかかることから個人事業主は少なくとも生活防衛資金は1年分必要です。

まとめ

  • 生活防衛資金:いざというとき備えておくお金
  • 会社員:生活費3ヶ月~1年分は貯めておくべき
  • 個人事業主:生活費1年分以上は貯めておくべき
  • 生活費3ヶ月分必要な理由①:失業手当の受け取り開始までに3ヶ月かかる
  • 生活費3ヶ月分必要な理由②:転職活動の平均期間が3~6ヶ月
  • 個人事業主は雇用保険がないため1年分は必要

以上が、生活防衛資金をいくら貯めるべきかについてでした。ご参考になれば幸いです。

Have a nice saving!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA